• HOME>
  • 特徴的な科目紹介
小樽商科大学ビジネススクールならではの「特徴的な科目」について紹介します。

ケーススタディ

~特定企業の抱える本質的な課題を発見し、課題解決のための戦略を構築する~

『ケーススタディ』の授業では、製造業、サービス業、小売業といった様々な業種に属している特定企業のケース(事例)を多様な視点から分析します。そして、企業が直面している本質的な課題を発見し、課題を解決するための戦略案を考えていきます。

授業の狙いは、不確実な事業環境をしっかり理解する能力に加え、問題解決能力、意思決定能力を養っていくことにあります。

本授業では、1年次に開講される基本科目で学んだ戦略、マーケティング、組織、会計・財務に関する専門的な基礎知識を使ってケースの分析を行っていきます。

最終的には、適切な分析フレームワークの選択と利用だけではなく独自のフレームワークをつくりだすことも要請されるため、創造的な問題解決の学習が可能となり、複雑な経営課題に対応できる能力を身につけることができます。

特定の企業の現行戦略

ビジネスプランニング

~社会や市場のニーズを察知し、コンセプトを固め、新たな価値を提供する事業計画に練り上げる~

ビジネスプランの作成は、自身が身を置く社会や市場のニーズを高い感度で察知し、新規ビジネスに関する着想を得ることから始まります。

しかし、着想が豊かなだけではビジネスは成功しません。ビジネスとして成功させるためには、まず閃いた着想を、想定される競合企業や市場の分析を通じて磨き上げ、“事業コンセプト※1”を確立することが必要です。

『ビジネスプランニング』「Ⅰ」ではビジネスプランの大まかな立案手順を理解し、「Ⅱ」ではより実践性と実現可能性の高いビジネスプラン(例えば皆さんの会社の新規事業等)を立案します。

  • 事業コンセプト:「誰に」、「何を」、「どのように」といったビジネスの骨子を指します。
  • 練り込み:「市場の真のニーズ」「提供する商品の価値」「競争優位のコンピタンス」「競合との差別化を実現するための仕組み」などについて、スパイラルアップしながら検討を繰り返し、精度を高めることを意味します。
ビジネスプランニング

ビジネスワークショップ

~事業創造力や組織改革力を磨く。総合的なトレーニングの場。~

科目区分の『ビジネスワークショップ』では、基本科目、基礎科目、発展科目、実践科目で身につけた知識やスキルを統合し、総合的かつ実践的な課題に取り組みます。そこでのテーマ(課題)は、OBSにおける最終課題として、皆さん自身が決めます。

例えば、自社の戦略立案のためのスキルを向上させたい方は“ケース分析”の手法を用いて、新規事業の立上げを検討されている方は“ビジネスプランニング”の手法を用いて、課題に取り組みます。

「ビジネスワークショップ」では、多くの専任教員が皆さんとのディスカッションに参加し、グループワークを中心に授業が行われます。「リサーチ・ペーパー」では、履修者全員が一人ずつ、プレゼンテーションを行い、その成果をリサーチ・ペーパーとしてまとめて提出します。

なお、自社の戦略評価・戦略立案や新規事業の計画などをテーマとして取り上げる方も相当数いますが、そのような場合には、要望に応じて、本授業の履修者および聴講者と“守秘義務契約”を結んでいます。

ビジネスワークショップ/リサーチ・ペーパー


海外授業&研修

~世界的なトップスクールで、グローバル企業の経営を学ぶ~

MBAホルダーとしてのグローバルな知識と見聞を深め、国際的な人的ネットワークを広げることを目的に、特殊講義Ⅰ(ノースウェスタン大学集中講義/2単位)を開講しています。

この科目では、ビジネス教育の世界的トップスクールである米国ノースウェスタン大学(イリノイ州エヴァンストン市)において、「ブランディング」「イノベーション」「クライシス・マネジメント」などをテーマに、著名な研究者による講義を受講するとともに、ウォルグリーン、アボット・ラボラトリーズ、ハーレーダビットソンなど、シカゴ、ミルウォーキーに本社を置く、米国を代表する企業のトップマネジメントから話を聴くことができます。

ノースウェスタン大学において、このようなプログラムを提供しているのは日本ではOBSのみであり、最先端の理論と実践を学ぶ貴重な機会となっています。