経営会計専門家養成プログラム修了生向け

  • HOME>
  • 経営会計専門家養成プログラム

経営会計専門家養成プログラム履修案内

本学大学院商学研究科アントレプレナーシップ専攻(以下、「本専攻」という。)は、日本経営会計専門家協会(以下、「JIMAP」という。)と平成31年2月1日に協定を結び、連携大学院として「経営会計専門家養成プログラム」に参画しています。
このプログラムは、「経営会計専門家基礎プログラム(以下、「基礎プログラム」という。)」及び「経営会計専門家認定プログラム(以下、「認定プログラム」という。)」により構成されます。
連携大学院では「基礎プログラム」を開設し、経営会計専門家に必要な知識、会計人として経営を支援するために必要な知識及び体系的な理論を修得させます。また、JIMAPが主催する「認定プログラム」では、集合研修に参加することで知識を活用するための基礎力が養成され、経営会計専門家としてのマインドセットの構築を図ります。
「基礎プログラム」と「認定プログラム」を修了した者には修了書が授与され、さらに一定の実務経験や保有資格等の条件を満たした希望者には「経営会計専門家」資格が付与されます。経営会計専門家としての資格取得後は、日本経営会計専門家研究学会に加入し、会計人としての高い倫理観と優れた専門的知識を活用して、企業の成長発展を支援することが求められます。

詳細は下記をご覧ください。

経営会計専門家養成プログラム履修案内

養成プログラム要項

養成プログラム申込書